世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

スーパームーンに願いを!68年ぶりに、月が地球へ最接近!!最大の満月は11月14日!?

ニュース

スーパームーンに願いを!68年ぶりに、月が地球へ最接近!!最大の満月は11月14日!?
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
最大の満月は11月14日

今年11月14日は月が20時21分にもっとも地球に近い点を通過し、南中時刻の少し前の22時52分に満月となります。

しかし、その差はたった30km程度に過ぎません。一般に昇ったばかりの月は大きく感じ、空高く輝いている月は小さく感じます。
地球はその半径がおよそ6400kmもあります。
これは錯覚が原因です。これは地球を30個並べた距離とほぼ同じです。

一方、地球から月までの平均距離は約38.5万km。私たちが月を愛でる際、月が大きいなと感じるのは、スーパームーンであるかどうかではなく、月が地平線に近い位置にあるかどうかに関わっています。

満月の瞬間、視直径は約33分30秒角で、これが今年最も大きく見える満月の瞬間です。これは68年前の1948年1月26日の満月のときの距離356490.6kmに次ぐ近さであり、68年ぶりの巨大な満月とNASA他が取り上げているため、人びとの関心を集めているようです。

地球から月までの距離の変化はおよそ35.6万kmから40.6万km程度の変化ですので、最初に述べたように直径で十数%の差が生じます。しかし、各年ごとの最大満月の視直径の差は僅か1%以下に過ぎません。

試しに写真に撮って比較してみてはいかがでしょう。この時、地球の中心から月までの距離は356520.2kmと計算されています。

月が地上物からどのくらい離れているか、月をどのぐらい仰ぎ見ているかで同じサイズの月でも違う大きさに感じてしまうようです。これは、月までの距離、すなわち地球30個の幅に比べると1/60程度ですが、68年ぶりの接近と喧伝されている30kmと比べると200倍も差があるのですから、僅かな大きさの差を競いあうようなスーパームーンの報道はあまり意味がないとも言えましょう。

ここまでの説明は地球の中心からの距離でしたが、実際には私たちは地球の表面から月を見ていますので、地球が自転している間に、自分と月との間の距離は数千km変化していることになります。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/hidehikoagata/20161111-00064335/

出典 http://

11月14日は月に願いを (スーパームーン)

2016年11月14の夜は「スーパームーン」を見て願い事をしよう!
 「スーパームーン」とはざっくり言うと『一年のうちで最も大きく見える満月』のことです。しかし、今年2016年11月のスーパームーンはいつものスーパームーンとは訳が違います。なんと21世紀に入ってから一番大きく見えるスーパームーンなのです!月がこれほどまでに地球に近づくのは1948年1月26日以来の68年ぶりで、これはなかなか見ることの出来ないお月さまです。2016年11月14日は是非願い事をしながらスーパームーンを見ましょう

最大の満月は11月14日(スーパームーン)

11月14日に、超スーパームーンが見られます!1948年1月以来68年ぶりに、月が地球へ最接近します。

約70年ぶりの奇跡のウルトラスーパームーンが11月14日に降臨

ほぼ毎月現れる満月ですが、その中でも月と地球との距離が近づくことによって月が大きく見える現象を「スーパームーン」と呼びます。そしてきたる11月14日、なんと1948年以来の約70年ぶりとなる巨大なスーパームーンが夜空にのぼるんです!

11月14日(月)は68年振りのスーパームーン!! 22時52分に南東を向けば巨大で明るい月が観測出来ます!! 天体ショーを見逃すな!!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!